お葬式に着ていく服装とは

突然お葬式に呼ばれて、いざ何を着ていけばいいのか困る事があります。そうならないために、しっかりと服装のマナーを覚えておいてください。まず男性の場合ですが、ダークスーツ、無地の白シャツ、黒いネクタイ、無地の黒い靴下、光沢感や金具などの装飾がない黒い靴が基本です。結婚指輪や腕時計は許されます。男性以上に気を使うのが、女性の服装です。女性の場合も基本は男性と同じで、黒いスーツまたはワンピースを着ていきましょう。その際、できるだけ肌の露出が控えめなものを選び、必ず黒か肌色のストッキングを履きましょう。お化粧もナチュラルにしましょう。髪の色も黒いほうがいいですが、突然染めるわけにもいかないので、髪型だけはすっきりとさせましょう。靴も男性と同じで、光沢感や飾りが無いものを選びましょう。アクセサリーは結婚指輪やパールのネックレスは許されます。ネックレスは必ず1連のものにしてください。鞄も最小限のものが入る小さいものにします。子供の場合、学校の制服があるなら、その制服を着ていくのが基本です。しかし制服が無い場合は、男女共に大人の場合とそんなに変わらず、基本黒でまとめます。女の子はストッキングでなくても、白や黒の靴下でもかまいません。こうした基本をきっちり覚えて、いざという時に困らないようにしておきましょう。